2009
08.25

「ZED」を観る(連載21) アクロバットがすべてか!?

「ZED」を観る

%E3%83%9D%E3%82%AA%E3%82%BA%E3%82%B0.jpg
カタログより。フロランス・ポとスコット・オズグッド
ここをクリックする  「清水正の本」 「清水正の著作一覧」 
「ZED」を観る(連載21)
(初出「D文学通信」1218号・2009年08月25日)
「Souvenir Program」を読む(その19)  
清水正

「すべてはアクロバットなのです」
と言い切る
スコット・オズグッドの
真意に迫る


今回はアクロバティック・パフォーマンス・デザイナーのフロランス・
ポとアクロバティック装置デザイナーのスコット・オズグッドの言葉を検
証してみよう。
フロランス・ポは次のように語っている。
私たちが求めるバランスを実現するため、スポーツマンとして活躍した
経歴をもつアクロバット・パフォーマーや、サーカス・アーティストを起
用しました。「ゼッド」は、オペラ、叙情詩、ダンス、映画の要素を持つ
ショーです。演出のフランソワ・ジラールは、舞台を映画の画面のように
構成しましたが、これによって私たちには無限の可能性が生まれたのです。

まず注目したいのは〈私たちが求めるバランス〉という言葉である。シ
ョー「ZED」が全体のバランスを保つためには、超一流のアーティスト
たちを揃える必要がある。ショーのヴィジョンに相応しい優秀な人材を集
め、さらに磨きをかける。これはどんな分野においても、成功を勝ち取る
ための必須条件である。スポーツは競技的側面を第一に考えるが、世界的
記録保持者の競技姿はどんな種目選手にあっても見るひとを深い感動に誘
う〈美〉を体現している。
オリンピック種目の中でも特にフィギュアスケート、シンクロナイズド
・スイミング、トランポリン、新体操のロープ、ボール、フープ、クラブ
などは、演技者の演技に躍動的な、スピード感溢れる華麗さや美そのもの
が求められる。競技場はあたかも演劇の舞台ででもあるかのような華やか
さに満たされる。また体操種目の吊り輪、鉄棒、按摩、床運動などを得意
とする選手は、アスリートとしての基本的な技術をマスターしている。
「シルク・ドゥ・ソレイユ」が、こういった種目のオリンピック・メダリ
ストに注目し、スカウトして一流のアーティストに仕立て直す試み自体が
画期的な出来事であったと言えよう。
アマチュア・スポーツ選手の現役引退後の生活が保証されているわけで
はない。チームの監督、コーチとして選手の指導育成に携わる現役引退者
の数は限られている。一流のアスリートたちが、スカウトされてアーティ
ストの道を選ぶことができるということにも「シルク・ドゥ・ソレイユ」
の存在意義がある。一流のアマチュアのアスリートから一流のプロのアー
ティストの道を切り開いたことは、このショー団体の一つの大きな功績で
あろう。
オズグッドは次のように語っている。
「ゼッド」は情熱に満ちたアクロバティック・ショーです。すべてはア
クロバットなのです。フライング・トラピス(空中ブランコ)、ハイワイ
ヤー(綱渡り)、ポール&トランポリン。私たちが造りあげたシステムは
きわめて複雑で洗練されていますが、私の目標は、それを解体して、可能
な限りシンプルなものにすることでした。もし一本のロープを使って実現
できることであれば、手の込んだ道具は使わずにロープでやる、というこ
とです。私はシンプルが好きです。

オズグッドの言葉には「すべてはアクロバットなのです」と言い切って
しまう凄さがある。確かに「ZED」からアクロバットを抜き取ったら何
も残らないかも知れない。しかし、この大胆な言葉はオズグッドに限らず、
「ZED」に係わったすべてのクリエイターが発していてもかまわない。
どんなに凄いアクロバットを展開しても、照明なしの闇の中ではショーと
して成立しない。その凄いアクロバットに相応しい衣装、音楽、装置、そ
して裏方にまわったスタッフと観客がいなければ、ショーとしてのアクロ
バットは成立しないのである。
これは総合芸術としての「ZED」においては当たり前のことだが、敢
えて「すべてはアクロバットなのです」と言い切ってしまうオズグッドの
大胆不敵な発言は、自分の仕事に誇りと自負を持ったクリエイターの言葉
として説得力を持って迫ってくる。各部処を担当するクリエイターたちが、
オズグッドのような情熱と確信をもって舞台造りに参加しているからこそ、
観客をあまねく感動に導くショー「ZED」が出来上がったのであろう。
オズグッドの言葉でもう一つ注目すべきは〈シンプル〉ということであ
る。複雑多岐、超高度な技術を発揮するアーティストたちに対して〈シン
プル〉を要求できるクリエイターはすばらしい。オズグッドの言う〈シン
プル〉は、ガイド&ファウンダーのギー・ラリベルテの言う〈世界の均衡
に欠かせない調和〉、衣装デザイナーのルネ・アプリルが言う〈「線」の
統一性と純粋性〉に繋がり、他のクリエイターたちも口を揃えて言う〈イ
ンスピレーション〉と同じ意味を持っている。
もし、オズグッドの〈シンプル〉が「ZED」の基本的なヴィジョンや
インスピレーションに反していれば、その一翼を担うことはできない。オ
ズグッドの肖像写真を眺めていると、微動だにしない強い信念を感じる。
強情とやんちゃが混じっているような顔だが、この顔には経験に裏打ちさ
れたアクロバットに対する熱い思いが刻まれている。オズグッドの経歴を
わたしはまったく知らないが、彼はショーの源初的な基本を何よりも大事
にしているように思える。街路や広場、そしてそこに何人かのひとが集ま
れば、おれはいつでも凄いアクロバットで彼らの度肝を抜かすことができ
るんだぜ、といった大道芸人の自負と情熱を感じる。
近代的な大劇場でなくとも、二千人の観客が集まらなくても、派手な衣
装に凝らなくても、照明がなくても、立派な装置や舞台がなくても、おれ
にはひとを感動させるアクロバットがあるんだ、といった芸人の根性を正
統に引き継いでいるような感じを受ける。オズグッドが〈一本のロープ〉
でやる、という端的な言葉で表明しているのは、彼のアクロバティック・
ショーに賭ける頑なまでの信念と情熱であり、芸道の根幹である。
〈地球儀〉の底から〈一本のロープ〉で女神が舞い降り、〈一本のロー
プ〉で天使が中空を舞うストラップがあり、ソロ・ティシューがある。中
空に水平に張られた〈一本のロープ〉で綱渡りする〈炎の振り子〉のハイ
・ワイヤーがあり、〈一本のロープ〉で演ずる〈地の誕生〉のラッソがあ
る。そして〈一本のロープ〉に象徴される花形芸としてのフライング・ト
ラピス(空中ブランコ)がある。また〈ケルヌーンの火〉のジャグリング
や〈すべての始まり〉のバトンにしても、そこには見えざる〈一本のロー
プ〉が存在しているようにも見えるし、〈天に向かって〉のポール&トラ
ンポリンのポールもまた垂直に延びて固まった〈一本のロープ〉に他なら
ない。〈バベルの塔〉のバンキンも、天と地を繋ぐ見えざる〈一本のロー
プ〉によって支えられている。
まさにオズグッドの「すべてはアクロバットなのです」は、高度な技術
と情熱を持ったアーティストたちのアクロバット芸に裏打ちされた言葉と
して大いなる説得力を持っている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。