「マンガ論」の夏期課題(21年度)

マンガ論二十一年度夏期課題

「マンガ論」の夏期課題(21年度)
下の「続きを読む」をクリックして下さい。
ここをクリックする  「清水正の本」 「清水正の著作一覧」 


原作『罪と罰』を踏まえて、落合尚之版『罪と罰』(一巻~五巻まで)
について思うところを書きなさい。
手塚治虫版『罪と罰』などとも比較して書いても宜しい。

字数は2000字以上。
タイトルは自分で必ずつけること。
連休明けに提出した学生ももう一度推敲して提出してください。
締切は九月一日。下記宛に郵送すること。
〒270-1151 我孫子市本町3-5-20 清水正
独創性のあるレポートは「ドストエフスキー曼陀羅」三号に掲載します。
連絡を受けた者は所沢校舎・文芸学科助手の川島さんにデータ(USB
など)を渡してください。
受付場所・日時に関してはホームページ「清水正研究室」のコンテンツ
マンガ論二十一年度夏期課題」の指示に従ってください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。