2009
07.09

SEAL OF CAINさんのブログ「エデンの南」に注目

ドストエフスキー関係, ニュース, 交友録

ブログ「エデンの南」で清水正『手塚治虫版『罪と罰』を読む』について連載されています。
%E3%83%90%E3%83%96100.jpg
ここをクリックする   「エデンの南」 「清水正の本」 「清水正の著作一覧」 
手塚治虫映画『メトロポリス』『「実験アニメーション」全14話 』もご覧いただきたいのですが、まずは引用です。
 手塚治虫が日本の漫画界に与えた影響はたいへんなもので、そのことに関して異論をさしはさむ者はおそらく一人もいないだろう。しかし手塚治虫が天才だという説に関しては、わたしはいつも「そうかな」という思いをぬぐいきれないでいる。
それから、以下のようにも書かれています。
 わたしがつげ義春の「ガロ」時代の作品を評価するのは、それらの作品が読者に対して媚びていないことである。つげ義春「ガロ」時代の漫画作品によって自己表現の立場を貫いている。貸し本屋時代のつげ義春は生活費を稼ぐためにせっせと漫画を描いたが、もちろんその当時の作品は <読者> を想定してのものである。読者を想定しない漫画家はいないだろうが、その想定された <読者>の質が貸し本屋時代と「ガロ」時代ではまったく異なっている。後者において <読者> は限りなく作者本人と化している。何よりもまず優先されるのは表現者としての自分自身の満足度である。作品を完成させるにあたって、売れ行きの心配とか、編集者や発行者の顔が浮かんでくるようでは駄目だということである。
まあ売れなきゃ連載も終わっちゃって仕事もなくなるので、どうなんだろって部分もありますが、つげ義春が媚びてないという所は同感です。
ねじ式
紅い花
手塚治虫に戻りまして、母が以前「お利口さんが頭で考えてつくってる」と言ったのにも、全く同感でして、好きな作品もあるし、ブラックジャックとか医者系のものは、流石に上手いと思うんですが、赤塚不二夫のような天才性はないんじゃないか、と思います。(コレも母の発言に同意したものなんですが)
そして今回、清水さんのこの本を読んでいる途中で、手塚版『罪と罰』も再読しました。
この本で紹介されている部分も、ほとんどそうだったんですが、思ったのは、何故こうも寒いギャグを連発してるんだ、という事でして、清水さん曰くどんな深刻な場面でも、その場面全体をおちょくらずにはおれない、いわば <絶対> を不断に相対化せずにはおれない傾向で、ふざけるべきでない場面でことごとくふざけているという指摘は大変おもしろく、そして、そのギャグがなんだかことごとくつまらなかったんです。
単に自分の感覚と合わないのかなあ…笑える方おられます?
例えば、以下引用です。
 金時計を手に入れ有頂天になって喜んでいるニコライのセリフは「ニコニコ」「ありがたし、かたじけない」「これを売れば、たくあんいりのカレーライスがたべられる」「待てよ、あにきが」「おれにもわけまえをよこせというに決まってら」「といったら、おらァ、おこって、このやろう、おらんだいっ……」「オランダっ、ドイツっ、ベルギーっ」である。
おもしろいですか?コレ。子供向けに書いたっつーことなんで、子供が読めば、おもしろいんでしょうか?
次回へつづきます。
ここをクリックする   「エデンの南」 「清水正の本」 「清水正の著作一覧」 
「エデンの南」では清水正に関して次のような記事が載せられています。
執筆者はドストエフスキーに関して鋭い感性を持っていて、歯に衣着せぬ大胆な意見を開陳しています。是非ともご一読ください。
ここをクリックする      「清水正「ドストエフスキー『罪と罰』の世界」    「清水正『阿部定を読む』」   『ドストエフスキー曼荼羅』別冊 鼎談「ドストエフスキー」小沼文彦・江川卓・清水正」   「ドストエーフスキイの会189回例会 清水正氏「マンガ版『罪と罰』二種」      

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。