2009
04.15

『罪と罰』論・第一回「文芸比評論」

文芸比評論

%E6%96%87%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%81%91.jpg
「文芸比評論」第一回開始
『罪と罰』論を展開
授業時間いっぱい『罪と罰』について講義
受講生は約30名
主人公の名前はロジオン・ロマーノヴィチ・ラスコーリニコフ
ロシア語のイニシャルPPPを下から上に返すと666
額に悪魔の刻印を押された〈一人の青年〉が妄想した
〈あれ〉とは何か。
ドストエフスキーは十九世紀ロシアといった時代と民族の
枠を超えて、現代の世界に根源的な問題を突きつけてくる。
受講者は『罪と罰』必読。
漫画家・落合尚之氏のマンガ版『罪と罰』は原作を
二十一世紀日本に蘇らせた。必読。
講義を終えて受講生の二人・マイケルとチアキと記念撮影。
四月十四日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。