マンガ論

日芸教授・清水正の「マンガ論」へようこそ

%E3%81%A4%E3%81%94%E3%81%86%E3%81%8B.jpg
清水正の著作に関しては
「オンライン書店ビーケーワン 清水正」で検索してください。
刊行本の七割ほどがわかります。
清水正の「つげ義春」本の紹介
わたしが最初に刊行したのは
『つげ義春を読む』(現代書館・1995年11月)
続いて
『つげ義春を解く』(現代書館・1997年7月)
編著『つげ義春の快楽』(D文学研究会・1997年12月)
『つげ義春・男と女のドラマ」(D文学研究会・1998年12月)
編著『ようこそ「マンガ論」へ─つげ義春─』(日芸文芸学科研究室・2001
年12月)
『つげ義春を読め』(鳥影社・2003年7月)
 
 この本にはつげ漫画五十編の批評を収録した。
  つげ義春論の決定版を作ろうという意気込みで執筆した。
豪華版『つげ義春を読め』(鳥影社・2003年8月)
101部限定・原孝夫さん渾身の装丁。
  A五判上製本。674頁・定価は9524円+税・現在入手は困難。
  ナンバー101はつげ義春さんに直接会ってお渡しした。
『増補版 つげ義春を読む』(現代書館・2008年4月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です