2008
09.26

雑誌研究第十三回講義

雑誌研究

CIMG9509.JPG
 今日は、後期第一回目の授業。夏期課題のレポートのテーマで一番多かったのは阿部定についてだった。二番目は『チーコ』である。学生達が興味深そうに聞いていた、中原中也の三角関係についてのレポートが一つもなかったのは意外であった。講義のメインとなったのは、清水先生が25年前に初めてロシア旅行に行った話である。当時の思い出話とロシアの風土について、身振り手振りを交えながら伝えていく。学生たちも思わず大笑いである。そして、今年の夏にあらためてロシアを訪れたエピソードへと繋がっていくのだった。(TAS・五十嵐)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。