2008
08.27

『清水正・ドストエフスキー論全集第三巻』のカバー表紙

『清水正・ドストエフスキー論全集』関係

%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%B3.jpg
原孝夫さんによる装丁が完成した。
発売は九月下旬 大手書店に置いてあります。
定価は3500円+税
A五判上製本・536頁
付録の栞は16頁
内容は
脇役もまた人間である・・・・・横尾和博(文芸評論家・放送作家)
私の師匠・・・・・山下聖美(日本大学芸術学部文芸学科専任講師・博士(芸術学))
「あちら側」のドストエフスキー論・・・・・此経啓助(日本大学芸術学部教授・考現学研究家)
越境する清水正、あるいは普遍的なる清水正・・・・・牛田あや美(映像研究家・博士(芸術学))
ドストエフスキー的なるものの現象学・・・・・山崎行太郎(文芸評論家・日芸講師)
『ドストエフスキー「罪と罰」の世界』全集版刊行に寄せて・・・・・清水正(批評家・日芸教授)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。