ニュース

牛田あや美さんが自著『ATG映画+新宿』を刊行する。

%E3%81%86%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%AB.jpg


『ATG映画+新宿』(牛田あや美著)はD文学研究会より今年十二月に刊行される。松本俊夫監督の序文。栞に松本俊夫「「うしの馬力」賛。波多野哲朗「「新宿」という事件。山下聖美「牛田さんの処女出版に寄せて」。寺脇研「新宿初体験」。松枝到「新宿の記憶」。高崎俊夫『牛田あや美さん流〈悪場所の発想〉。広瀬愛「『ATG映画+新宿』×現代」。猫蔵「牛田先輩との思い出」。阿久澤騰「頼もしいプロジェクト・メンバー」。清水正「わたしの映画体験から」を収録。
日本最初の本格的なATG映画論。映画関係者必読の力作。
定価3500円+税
購読希望者は最寄の書店にお申し込みください。ネットでも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です