2018
05.13

『ドストエフスキー曼陀羅七号』刊行。

ドストエフスキー関係

 

『ドストエフスキー曼陀羅 7号』2017年2月10日発行

 

『ドストエフスキー曼陀羅』 7号 目次

 

近代リアリズムの病と聖書/上田薫

『罪と罰』における「ラザロの復活」の再検証/清水正

にがり顔の/クリス丈Ⅲ(急ⅲ)──神と人間がたましいの位置を入れ替える時は満ちた…/中村文昭

畑中純『まんだら屋の良太』第一巻所収「姦々祭り」についての考察──ФМ・ドストエフスキー『罪と罰』を通して/坂下将人

文芸批評論(第12回課題) 『清水正・ドストエフスキー論全集』第3巻を読んだ感想

続 ФМ・ドストエフスキー『悪霊』──原題〝Бесы〟に関する一考察/坂下将人

林芙美子『浮雲』放浪記──ドストエフスキー文学との関連において──/清水正

 

表紙/ルイス・デ・モラーレス 裏表紙/ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 扉絵・カット/聖京子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。